株式会社国際開発コンサルタンツ
       
サイトポリシー サイトマップ 業務紹介 お問い合わせ
トップページ 会社概要 業務案内 技術 業務実績 採用情報
技 術 交通流・車両挙動シミュレーション
都市をつくるツール
交通流・車両挙動シミュレーション

「車の通行規制が周辺道路にどの程度影響するのか?」「交差点改良後、渋滞は解消するのか?」「どの位置に駐車場の出入口を設ければ、周辺道路への影響が小さいか?」このような問題に対し、住民や関係機関と合意形成をうまく図るにはどのようにすればよいでしょうか。
当社では、個々の車両の流動状況をアニメーションとして再現させる、ミクロシミュレーションシステム IVM を開発しました。
これにより車両流動の視覚的・定量的評価が可能となり、行政評価・住民との合意形成に役立てられています。



個別車両交通流シミュレーション
 
基本原理
●IVM(Individual Vehicle Motion simulate system)は、埼玉大学(工学部 久保田教授)で開発されたミクロシミュレーター「tiss-NET WIN(Traffic impact simulation system for road NETwork for WINdows)の基本原理を得て開発したものです。
●車両1 台ごとに、発進・停車・加減速・追従速度・右折時の対向車両待ち等をモデル化し車両挙動を再現。ネットワーク上の最短経路情報を同時に取得し前進します。

挙動モデル
●信号制御モデル、バス運行モデル、踏切一旦停止モデル等を組み込むことで、都市交通における様々な課題への検討が可能になります。

アウトプット
●アニメーションによる視覚的評価、滞留長・走行速度・信号待ち時間等の定量的評価が可能です。

 
車両走行軌跡シミュレーション
 
関連実績  
 
 
関連項目  
  地域交通計画・都市交通計画  
  公共交通  
 
 
 
技 術 交通流・車両挙動シミュレーション



トップページ
会社概要
業務案内
技術
業務実績
Copyright 2011 INTERNATIONAL DEVELOPMENT CONSULTANTS CO.,LTD. All Rights Reserved.